スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸のパンダ2頭、あと5年間滞在延長(読売新聞)

 神戸市の矢田立郎市長は7日、市立王子動物園(灘区)のジャイアントパンダ「コウコウ」(雄、14歳)と「タンタン」(雌、14歳)の中国とのレンタル契約(10年)が2015年までの5年間、延長される見通しになったと発表した。今年7月に契約の期限切れを迎えるため、市が昨年10月から中国側窓口の中国野生動物保護協会と交渉していた。最終協議を経て、9日にも北京市で協議書に調印する。

 王子動物園には2000年7月、日中共同の飼育繁殖研究を目的に、阪神大震災の被災者激励の意味も込めて初代コウコウとタンタンが来園。初代コウコウは繁殖能力が低く02年12月、現在の2代目と交代した。08年には国内で20年ぶりに人工授精で出産したが、赤ちゃんは生後4日目で死んだ。その後は妊娠していない。

 新たな契約では、年100万ドル(約9200万円)だった寄付金を同50万ドルに減額し、2頭の年齢などを考慮して期間も半分の5年とする。

 矢田市長はこの日の定例記者会見で「市民から延長を望む声が多く寄せられていた。引き続き人工授精に取り組み、早く2世を誕生させたい」と話した。

 国内のパンダは王子動物園の2頭のほか、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドに6頭がいる。2011年には東京・上野動物園で雄雌1組の飼育が復活する。

「警官に紹介され信用」と賠償請求=組長に貸金、奈良県など提訴―大阪地裁(時事通信)
<民主代表選>菅氏「月内に新成長戦略」(毎日新聞)
<世界自然遺産>推薦の小笠原諸島を審査へ IUCN(毎日新聞)
<参院選>首相交代で大あわて 民主候補予定者 「予想的中」候補も(毎日新聞)
たちあがれ日本 杉村太蔵氏を公認候補として擁立(毎日新聞)
スポンサーサイト

灯籠「いる」「いらない」…もめる善光寺参道(読売新聞)

 2007年から長野市中心部で市民団体が進めている灯籠(とうろう)の復元事業で、最後に残った4基の灯籠の建立が宙に浮いたままになっている。

 「ぜひ48基すべてを建立したい」という市民団体に対し、善光寺に近い同市大門町上地区の住民は「整備された景観があり、灯籠はいらない」と主張。議論は平行線をたどっている。

 復元作業は、地元商店主らで作る「善光寺表参道に灯籠を復元建立する会」(会長=加藤久雄・長野商工会議所会頭)が、約5200万円の寄付を集め、JR長野駅から善光寺に続く表参道(中央通り)の両脇に、計48基の木製灯籠(高さ約3・5メートル)を建立するもの。同会は、灯籠がすべて建立された時点で、市に寄付するとしている。

 同会によると、昭和30年代までは表参道に灯籠が並んでいたという。長野県や市、商工会議所などの協力も得て、昨年3月までに44基の灯籠を建立した。

 しかし、残る4基の設置予定地の大門町上地区は計画当初から反対を表明。同地区は、大正・昭和期に建設された旅館や商店が立ち並び、独特の景観を保っている。米国人デザイナーの設計による景観整備を行ったり、石灯籠を設置したりして、建設省(当時)の都市景観大賞(1998年)を受賞したこともあり、地元住民の間からは「誇れる場所だからそのまま生かしてほしい」「立派な石灯籠よりランクの低い灯籠はいらない」などの意見が出ているという。

 同地区を含む大門町区の藤井弘区長らが、同会と10回以上話し合っているが、議論は平行線のまま。藤井区長は「灯籠計画自体には賛同しているが、善光寺の前庭のイメージで完成した街のバランスが崩れるので、建立は遠慮してほしい」と話す。

 一方、加藤会長は「48基には、『善光寺阿弥陀如来様の四十八願』(一切衆生を救うために発した48の誓願)にちなんだという意味があり、すべて建立しないと意味がない。灯籠がつながることで、街も一体化する」と譲らない。

 同会は9月頃まで大門町上地区との話し合いを続けた上で、進展が無い場合は、地元区長の同意書の無いまま、灯籠設置に必要な道路占有許可申請書を市に提出し、市に判断をゆだねる方針だ。

<沖縄・石垣市長>施政方針「丸写し」で神奈川・小田原市長に謝罪(毎日新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
普天間移設 「辺野古崎」明記 日米が共同声明発表(毎日新聞)
「辺野古周辺」政府方針に反対…社民・三役会議(読売新聞)
貞観地震 震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。