スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸のパンダ2頭、あと5年間滞在延長(読売新聞)

 神戸市の矢田立郎市長は7日、市立王子動物園(灘区)のジャイアントパンダ「コウコウ」(雄、14歳)と「タンタン」(雌、14歳)の中国とのレンタル契約(10年)が2015年までの5年間、延長される見通しになったと発表した。今年7月に契約の期限切れを迎えるため、市が昨年10月から中国側窓口の中国野生動物保護協会と交渉していた。最終協議を経て、9日にも北京市で協議書に調印する。

 王子動物園には2000年7月、日中共同の飼育繁殖研究を目的に、阪神大震災の被災者激励の意味も込めて初代コウコウとタンタンが来園。初代コウコウは繁殖能力が低く02年12月、現在の2代目と交代した。08年には国内で20年ぶりに人工授精で出産したが、赤ちゃんは生後4日目で死んだ。その後は妊娠していない。

 新たな契約では、年100万ドル(約9200万円)だった寄付金を同50万ドルに減額し、2頭の年齢などを考慮して期間も半分の5年とする。

 矢田市長はこの日の定例記者会見で「市民から延長を望む声が多く寄せられていた。引き続き人工授精に取り組み、早く2世を誕生させたい」と話した。

 国内のパンダは王子動物園の2頭のほか、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドに6頭がいる。2011年には東京・上野動物園で雄雌1組の飼育が復活する。

「警官に紹介され信用」と賠償請求=組長に貸金、奈良県など提訴―大阪地裁(時事通信)
<民主代表選>菅氏「月内に新成長戦略」(毎日新聞)
<世界自然遺産>推薦の小笠原諸島を審査へ IUCN(毎日新聞)
<参院選>首相交代で大あわて 民主候補予定者 「予想的中」候補も(毎日新聞)
たちあがれ日本 杉村太蔵氏を公認候補として擁立(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。